写真、萌、茶、読書。わんこと暮らしたしあわせな日々。雑多極まりない雑食系Weblog。
2017 08 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
・ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
・ マンガバトン
高校時代の先輩、みなみせんぱい(@わかなっつ。)がマンガバトンを置いておられたので、後輩、こそりと拾ってきました。

■ 今読んでいるマンガ

・天樹征丸・さとうふみや 『探偵学園Q』
探偵学園Q 16 (16)
現在進行形で読んでるものがないので、取り敢えず最後に読んだもの…ということで…。『金田一少年の事件簿』も好きでしたが、こっちも好き。トリックとかを深く考えると“……”と思うところはあるものの、さとうふみや女史の“追い詰められた人間”の描き方っていうのは鬼気迫るものがあってぞくぞくします。この作画とトーンワークを週刊でできるっていうのはすごすぎる。
そしてわかりやすくケルベロス萌。(…)
当然金田一少年では明智にも高遠にも萌えましたとも…!(居直り)

ちなみに新刊が出ると買ってるのは、許斐剛『テニスの王子様』、大場つぐみ・小畑健『DEATH NOTE』、峰倉かずや『最遊記 RELOAD』、内藤泰宏『TRIGUN MAXIMUM』、荒川弘『鋼の錬金術師』、美川べるの『ストレンジ・プラス』。

 … ヲ タ ク ラ イ ン ナ ッ プ って言うな(苦笑)!!!!

■ 最後に買ったマンガ

・かずはじめ 『MIND ASASSIN』(文庫版)
MIND ASSASSIN 5 (5)
今思うと、これがWJだったってすごいなぁ…と思う。(多分今じゃ考えられない…)
“痛み”とか“傷み”、或いは“弱さ”や“強さ”っていうのはどういうものかを考えさせられるマンガ。大好き。文庫化ばじゃーい!と大喜びで買いました。


■ 好きなマンガ・影響を受けたマンガ

・一条ゆかり『有閑倶楽部』有閑倶楽部 (16)


小学生の頃から大好きで、今読んでも本当に面白いと思う。昔は清四郎が好きだったんだけど(勿論今も好き)、魅録が可愛いなぁ…と思うようになったり、可憐に“…ワカル…”と思うようになったりしたのは年を取った証拠だと思うけれども(苦笑)

・ほったゆみ・小畑健 『ヒカルの碁』
ヒカルの碁 (19) ヒカルの碁 (16)
別格。好きとかそういう言葉では語れない。
特に左為篇の終盤、16巻収録のあたりはどういう風に言っていいか分からないぐらい。
いなくなった人が自分の中にいる、という気づきが自分自身にもあった頃だったので、“139局 この一局から”はコンビニで立ち読みして頭が真っ白になった。
そして基本的にあまり主人公って好きにならないんだけど、ヒカルだけが別格。
#あ、でもHNは彼からいただいたものじゃないです(苦笑)
ヘタレヘタレと言っているけど(笑)、イスミも大好き。
…聡明なお嬢さん方にはワタクシの主義、宗旨がお分かりいただけたかと(微笑)
…超マイナーですけどね…ええ…でも諸先輩方には“わかりやすい(笑)”っていわれましたけどね…(泣笑)

・峰倉かずや 『スティグマ
全頁フルカラーというとんでもない一冊。
淡々としているからこそ静かに伝わる緊迫感がすごいな、と思った。
…違…!萌ポイント(当時)がものすごいツボだったからなどとは思ってなど…!!!!
#…つまり思ってるんだな…。

・水城せとな “ブレックファスト” (『彼岸過迄』収録)
商業誌以前(ここは深く詮索しちゃだめ(苦笑)!!)の作品のリテイク…というか、数ページ差し替えのものなんだけれど、スゴイ世界観を描く人がいたもんだ…!とものすごく衝撃を受けた。数年後に商業誌デヴューされて納得。最近の作品は全然読んでないんだけれども、この人の初期の作品の世界観ってものすごく好きでした。

・水沢めぐみ 『ポニーテール白書』ポニーテール白書 (5)


あのね、嘘じゃないから(笑)!!!!!!
連載当時ものすごい好きで、長かった髪を結ちゃんみたいなポニーテールにしたくて切ったんだから(笑)!!!部活も剣道やってたんだから(爆笑)!!!
少女漫画らしい恋愛と、友情と、家族の愛情と、家族の葛藤と…なんていうか、派手さはないけど良作だと思う。文庫版も買いました。

…ゑっちなビデオを借りるときに上下を普通のビデオでカムフラージュしたみたいになってる…!とか言っちゃぁだめだよ(大苦笑)!!!!

■ 誰かこのバトン拾いませんか?

そっと置いておきますので、どなたか拾ってください…。
#そして物陰で拾うさまをじんねりと見つめています(笑)
#特に諸先輩方にはぜひ拾っていただきたく…(にっこり)

…思ったより自分の嗜好があからさまになってしまいまし…た…(苦笑)
Today's 萌 memo - comments(18) - trackbacks(4)
・ 美川べるの 『ストレンジ・プラス』(1)〜(4)
ストレンジ・プラス 1 (1) ストレンジ・プラス 2 (2) ストレンジ・プラス 4 (4)

…まともな人間が一人も出てきません(断言)

 ― で も 大 好 き だ ! ! ! !

ひたすらハイテンションな笑いで、とても気持ちよく清々しく人生がばかばかしくなる素晴らしい作品。笑いがちとディープなのと、すべてのネタを笑うために求められる元ネタの広さ、ちょっとクセのある絵柄が読む人を選ぶだろうなーとは思うんですが、とにかく私は大好きだ…!!
ひたすら笑って元気が出ます。こういう作品って私にとっては貴重。

この笑いはハマったら大ストライクになるであろうとは思うのに、果たしてわかってもらえるだろうか…と微妙に薦められずにいたんですが、4巻買ってあたいは決めた…!エントリをすると…!!!

眼鏡白衣属性のお約束で「あなたの心の“はじめてのおいしゃさん”」尾杜先生ラブですよ!
群を抜いてまともじゃないけど大好きだ(笑)!!
オッドアイ属性はなかったけど、ちょっとオッドアイに心惹かれはじめたよ…!

そして骨太ダイナマイツ系の女性キャラも大好きー!
4巻の奈々ちゃんはカっ飛ばしてて特に!

好きすぎていつも以上に語彙が乏しくなっていますが(いばれない)、とにかくスカッと、かつじわじわと笑いたい時にぜひ。

ところで、作者の美川べるの女史が“プラスティック・ベイビィズ2”のあとがきでブライスが好きだと仰言ってましたが、きっとゴールドとか、初期ハリウッドとか、ディスコ、ひょっとするとモンドリアンあたりが好きなんじゃないかしら…と勝手に予想しております。
Today's 萌 memo - comments(0) - trackbacks(0)
・ ハガレンTV (配信版)
鋼の錬金術師Special ハガレンTV (MORRICH)

……え!?鋼の錬金術師ってそういう話なの!?

…と、コミックスの既刊をすべて持っているのに言いそうになったストーリーダイジェストを含む48分のコンテンツ。
……いや、ホントに2クール〜4クールのダイジェストは吃驚しすぎてぼんやりした……。
#1クールは見た。ポルノがOPでなくなった途端見なくなった(薄情者)
#……あと“別れの儀式”がヤでさ……(小心者)

ダイジェスト見ただけで胃がキリキリしそうなストーリーだったんだねぇ…
……まあ……なんていうか……ぶちまけるようにあけすけに言わせていただくならば……

――ありえない感じ?

原作が現在進行形のコミックスのアニメ化の宿命ともいえるんだろうが…。
私が見た部分に関しては基本的に原作どおりのものが多かったんで、結構素でたまげました。(イギリスってどうなのよ…)
…これを毎週はらはら観るのはしんどかっただろうなぁ…
#…乙。<う○ばくん
勿論、原作も“要精神スペック高め”なところはあるんですが…。

原作は今後も買うだろうけど、アニメは“観るぞ!”と思わないと見られなそうだ…と思いました…。こんなんも出たりして、色々メディアミックス戦略はまだまだ続くようだけれども……映画もあることだし…。

…まあ一番何が言いたいかといえば、ワタクシ、ポルノのライヴDVDで“メリッサ”観てもウィンリィの寝起き(1クールOP)が浮かんでくる自分が悲しいってことなんですけどね(泣笑)!!
#それかよ!!!

[参考]
鋼の錬金術師 (アニメ公式)
劇場版 鋼の錬金術師 (松竹)
ハガレンWeb研究所 (スクエニ(ガンガン)公式)
Today's 萌 memo - comments(4) - trackbacks(0)
・ 最近の萌メモ
ミステリー民俗学者八雲樹 (ドラマ公式)

連載はビジネスジャンプ(集英社)。
福島はKFBで先週からOA開始。

調剤薬局で待ってる時に、隣に座ってた人が小脇に持ってた雑誌の表紙に(その時は連載誌を知らなかったのだけれど)お面を持った及川光博氏がいたので“…ベッシー、何してんの?(マンハッタンの見すぎです)…つか、それは一体何!?”…と思っていたら、コレだったのですねー。

何の予備知識もなしに先週初めて観たんですが、年齢を上げた金田一少年っぽいなぁ…と思ったら原作者一緒でした_| ̄|○
続きを読む >>
Today's 萌 memo - comments(0) - trackbacks(0)
・ 私的眼鏡萌属性の話
眼鏡萌属性とは何であるのか。(真顔で言うことか…)

ポルノDVD“74ers”の感想をエントリしようかな、と思いつつ、“LACK”の付属DVDも観かえしておこう、と久々に回し、アキたんの眼鏡やっぱり萌!!と全く感想でもなんでもない脊髄反射的コメント(合掌)が出てきたところで、KOuさんのMOO-T_blogで大変興味深いこちらのエントリを拝読したのでトラックバックさせていただきました。
#なぜOrkutの日本人女性の写真に妙に眼鏡が多いかも妙に納得。

それはもう身内には今更なオハナシでございますが、ワタクシ、眼鏡萌属性でございます。
しかも眼鏡っ“娘”でなく、眼鏡っ“漢”属性でございます(居直り)

まあ、個人的な感情をひとまずおいておくと、
人間は眼鏡をかけると二通りの変化しかないのだそうだ。まるで色気がなくなるか、見とれるくらい色っぽくなるか。
(―江國香織『ホリー・ガーデン』(新潮文庫)より)
…というのが最も正鵠を射ている眼鏡萌えに関する結論だと思っているのですが。
続きを読む >>
Today's 萌 memo - comments(4) - trackbacks(0)
NOW READING
MY KOTONOHA
mini BBS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

TB People
PROFILE