写真、萌、茶、読書。わんこと暮らしたしあわせな日々。雑多極まりない雑食系Weblog。
2017 07 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
・ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
・ 角田光代 佐内正史 『だれかのことを強く思ってみたかった』
だれかのことを強く思ってみたかった     集英社文庫
表紙の写真の、雨の気配も、晴れ間の気配も感じない、どうしたらいいのか所在無くなるような空と、“だれかのこと”“を強く思って”“みたかった”という不可思議な段組に心惹かれてジャケット買い。

佐内正史による“東京”という街の写真と、角田光代による16篇の短編(掌編に近いかも)で構成された一冊。
掌編とはいえど、写真との一体感があり、濃密さを感じる16篇だった。

正直なところ、私は“東京”という街そのものには思い入れがないので(住んだことも、住もうと思ったこともない所為かもしれない)、この本の“街としての東京の写真”そのものにはあまり何かを感じるということはなかった。
けれど、淡々とした言葉で語られた文章に、気づけば“とぷん”と入り込んでいて、ページを繰った瞬間に表れる写真は“風景を写し取ったもの”ではなく、“今、自分が立っている場所”のような感覚になり、何度も呆然としてしまった。
(特に“上等なカーテン”の後の写真は、ああ、確かにこういう、どうにもならない孤独感ってある、というリアリスティックな感情として、胸に痞える何かがあった。)

角田光代の本は今まで何冊か読んでいるけれど、いつも“体力が要るなぁ”と思う。
決して文章が重たいわけではない。
けれども、淡々とした筆致で書かれた文章は、シンプルであるがゆえに、普段出来るだけ見ないようにしている自分の中の“おんな”という部分にするりと入ってくる。
それが時に厭になるぐらいリアルだったりするのだ。
そのあたりが“体力が要るなぁ”と思う所以なのだろう。

特にこの本では“見なかった記憶”が痛い。非常に痛い。
何度読んでも息苦しいような、泣きたいような、胸が詰まるような気がする。
読み終えた後に現れる、彩度の低い、銀杏の葉で覆われた道(の写真)の真ん中で、巡る季節と、見たものと見なかったもの、経験したものとしなかったもの、かつてだれかのことを強く思っていた自分…時間軸も何もばらばらになった世界で、ただしばし立ち尽くすような錯覚を覚えるほどに。

購入は文庫版だったのだけれど、単行本だとどんな風に印象が違うのか見てみたい。
#でも個人的に佐内氏の写真は人物写真のほうが好みだな…と思う。
#読んでいる間は、写真が好みかどうか考えて見てはいなかったのだけれど…。

そして、1年と少し前も、角田光代の本を読んで、本当に哂ってしまうほど同じようなことを書いていた。(関連エントリ:角田光代『この本が世界に存在することに』(2005/08/04))
…色々な意味で成長しねェなぁ(苦笑)
#此処まで同一思考の自分がいっそ天晴れだ…。

【参考】
 ・サナイマ (佐内正史氏写真ブログ)
Book/Music/Movie - comments(2) - trackbacks(0)
・ Re:S [りす] Vol.1 (リトルモア)
Re:S vol.1
ずっと書こう書こう、と思いながら、書けずにいたRe:S vol.1
発売日から数日で本屋を4件もめぐって手に入れたのに…(苦笑)

最近、どうも雑誌を読んでると“私は踊らされぬ…!踊らされぬったら…!!”と妙にぎらぎらした目で読んでしまうのですが(特にコスメ雑誌(苦笑))、ほーっと息を吐きながら、ゆるゆるとした気持ちで読める、紙の質感も、写真も、フォントもとてもきもちのいい雑誌です。

特集は“すいとうのある暮らし”と“いまだからワープロ”。

特にすいとう特集のほうは、ステンレスボトル、ガラス魔法瓶、ステンレスマグ、タンブラー…。
さまざまな“すいとう”が紹介されている中に、少しでも“すいとうのある暮らし”が身近になりますように、という想いが込められていて、とてもいとおしく読みました。

私自身も6月ごろから熱に浮かされたかのように“すいとう!すいとう!!”と騒いでおりましたが、本当に今ではすっかりすいとうのある生活が定着しております。
仕事に行くとき、出かけるとき、更に車で出かけるときに至ってはすいとう2本とタンブラーまで持ち歩く始末(苦笑)
#1本はかばんに入れる小さいすいとう、もう1本は運転中にタンブラーで飲めるように移す用。

矢張、私にとってすいとうは“便利”である以上に、ふたを開けて注げば自分の知っているお茶の味がすること、そのお茶が冷たく(或いは温かく)飲めること…その2点が大きいなぁ…としみじみ思います。
自分の大好きなお茶の味がすぐそばにある心安さというのは、とてもとてもしあわせなことだと思うのです。

そして、帰ってきてすいとうを洗いながら、ああ、なんとか今日も一日終わった…と一息つく…というのが最近の日課。
“すいとう帖”のエントリのほうでも書きましたが、多分、私の中ではもうすいとうが“おとなであるための良心のお守り”になっているのかもしれません。

もうひとつの特集の“いまだからワープロ”のほうもとても興味深く読みました。
高校の入学祝に買ってもらって、数々の悪行 拙い創作活動やら、大学に入ってからは“(レポートを)FDで持ってってプリントアウトしている時間なぞない…!”というギリギリの時(…)に大活躍してくれた東芝Rupoは今や文字通りお蔵入り(…蔵があるんです…うち…)になってしまっていますが、ゴシックフォントをたった一つ足すだけなのにCDケースを3枚重ねたような外付ROMが必要だったことやらをとても懐かしく思い出しました。
あのスタンドアローンなある意味での軽やかさというのも、またいいのかもしれないなぁ…。
#尤も、それをプリントアウトして何かする…ということ自体なくなってしまいましたが…。

特集とは別の“わたしにとっての定番品”も素敵でした。
日々新しいものが出てくる世の中だけれど、自分にとってたいせつなものを、たいせつにつかうこと。
そういうシンプルだけれど、たいせつなことをゆるゆると考えることのできる記事になっていました。

Vol.2は“デジカメじゃないカメラ”と“農業”が特集予定。…間違いなく買いますとも。
#Vol.2もVol.1のような、読んでいていとおしくなるような雑誌であることを切に祈る…!

[関連]
 ・Re:S (公式)
 ・Park editing

以下、すいとうに入れるお茶の中身についての雑記。
続きを読む >>
Book/Music/Movie - comments(0) - trackbacks(0)
・ 『すいとう帖』
すいとう帖委員会 『すいとう帖』

(TOMY xiaostyle)

parkeditingのオンラインショップで『すいとう帖』(赤)を買いました。
(おそらく)商業ベースでない、こういう凝った装丁の本、大好きです。
手に取った瞬間に作り手の“こういうものが作りたかったんだな”って伝わってくるものというか。
中身のちょっとざらっとした紙質もとってもかわいい。

さて、中身はというと、なんとも水筒への愛情にあふれた1冊。
どの方のインタヴューを読んでも“ああ、わかるわかる”というところがあって。
“エコ”にも“おしゃれ”にも特化してるわけじゃなくて、日常の生活の中で水筒を使う、というしあわせをしみじみとかみしめることができるようなインタヴューばかりでした。
そう!私も水筒がすき…!って思いながら読みましたとも。

中でもすごくよかったのが、内藤久仁子さんのコラム。
水筒が“良心のお守り”で、“立派な大人”であろうとする自分に心がついていかなくて、深く落ち込んでしまいそうになったときに、蓋のコップに注がれたお茶に“水筒の支度をした朝の自分の良心の味がする”…まったくもってその通りだ…!とちょっとうるっとしながら読みました。

多分、私が携帯型のマグタイプでなく、蓋に注いで飲むタイプの水筒に拘っているのは、ぶちまけるのが怖くてカメラと一緒に持ち歩けない、という理由だけでなく、蓋を取り、注ぐために中栓を解除し、こぽこぽと蓋に注ぐ…という一連の動作そのものが、“一呼吸おく”為にきっと必要だからなんだな…と思います。

そして、その注いだお茶からは自分のよく知っている味がすること。
それはなんて心安くて、近しくて、ささやかだけれど力強い味方となってくれることだろう…と日々思っておるのです。(…疲れてるんだな…この人…(苦笑))

スローライフとか、エコとか、そういうものは一切関係なく、ただ単純に、自分にとって心地好いものとしての“水筒”。
そういうささやかだけれど大切なものとして、これからも水筒と付き合っていこう、と思った本でした。

写真の左に写っているのは、500mlペットボトル用のカヴァーをかけた銀色のマイ水筒。
職場に持っていくときはカヴァーをかけませんが、おやすみの日に持ち歩くときは“今日はおやすみなのだ”という自分への意思表示の為にカヴァーをかけてます。

でもって、写真はxiaostyleで撮影したものを3:2にトリミング。
それが貴様のWBオートなのか…!というやんちゃっぷりにちょっと驚愕しました…(真っ青なのもあった…(ぼうぜん))

[関連]
 ・すいとう帖 website
 ・parkediting

以下水筒に関するあれこれ。
続きを読む >>
Book/Music/Movie - comments(0) - trackbacks(0)
・ 藤田一咲 『お茶と写真の時間』
藤田一咲『お茶と写真の時間』

Amazonでずーっと“あとで買う”にしていた藤田一咲『お茶と写真の時間』をヴィレッジヴァンガードで見つけたのでとうとうお買い上げ。

もう…なんというか…。
写真の愉しみ方とお茶の愉しみ方が通じる、とか
写真を撮ることと、本を読むことはとても似ている、とか
そんなん言われちゃったら、深くうなずくしかないだろこんにゃろめ…!というような本でした。ええ、写真・茶・読書という自らの(現在の)三大趣味を網羅された気まずさで思わず逆ギレしてしまうほどに…(苦笑)

特に、写真の愉しみ方と、お茶の愉しみ方は確かに似ているよなぁ…と常々思っていたので、なんだか気恥ずかしさすら感じてしまいました。

“どんな風景にもはっとする瞬間や角度がきっとある”と思うこと。
“どんなお茶でも美味しいと感じる抽出時間、抽出方法、飲み方がきっとある”と思うこと。
#まあ、後者は茶葉のそもそものクォリティもありますが…。

そういうものを探すことは、一見無意味なことかもしれないけれど、私にとっては“愉しむ”ということに他ならないのです。

デジカメでも、銀塩でも、ピンホールでも、トイカメでも、
テイスティングカップでも、蓋碗でも、茶壷でも、ポットでも、
方法論というのは問題ではなくて、
出来上がった写真そのものや、淹れたお茶そのものだけが問題ではなくて、
自分がどんな風景の中にいたのか、何にこころを動かされたのか、
自分がカップ一杯の茶液の中に、どんなしあわせを見出したのか。

そういうものを少しでも残したくて、此処に色々綴り続けているのかもしれません。

慌しい日々の中で、ほんの少し感覚を研ぎ澄まして、カメラやお茶に対峙すること。
その感覚をより豊かにしていくために、いろいろなものを読んだり、観たり、感じたりして自分の引き出しを多くしていくこと。
…そういうことを私は求めているのかもしれないなぁ…と思いました。

とにかく、お茶を数種類持って、カメラと一緒に出かけたくなる本。
写真も素敵です。特に、コンパクトカメラで撮った写真が素敵で、電池切れのまま放置してあるカメラ数台をちょっと動かしてみようかな、という気になりました。(1台はAPSなので、まずAPSフィルムを調達せねばなりませんが…)

タイトルの割に茶語りが殆どなかったのがちょっと不満かな。
続きを読む >>
Book/Music/Movie - comments(6) - trackbacks(0)
・ 劇団四季“キャッツ”
キャッツ(劇団四季・3/7・ソワレ)世の中を犬派と猫派、2つに分けるとするならば、断然犬派なのですけれども。
観てまいりました。劇団四季“キャッツ”。
…3月7日公演の話で…非常に恐縮なのですけれども…(苦笑)

早く感想を書きたい気持ちもありつつ、なんとなく自分の中でうまく消化し切れなくて、原作のキャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法を読んだりしておりました…が。
もうあれは、やっぱり理屈抜きのエンターテイメントとして考えたほうがいいのかもしれない!と。

とにかくキャッツシアターの劇場内部そのものが既にエンターテイメント。劇場内部の客席間際の壁面は、既にジェリクルキャッツたちのいるゴミ捨て場にやってきたんだなぁ…と思わせてくれる造りになってます。
舞台に立つ人たちだけでなく、舞台を“造る”人の情熱を間近で感じる機会というのはなかなかなかったので、既にロビーから劇場内部に入った時点で既にじーんと来てました(早)

開演時間になると、おもむろに客電が落ちて(このスタイルには吃驚した!)、扇形にちかい劇場の真ん中のステージ部が回転して開演。
初見だったので、あちこちから猫が出てくるさまにまんまと吃驚。

それから、“オペラ座の怪人”(関連エントリ)の時も思ったのですが、照明の使い方が本当にすごい!遠近感がおかしくなるようなぐらぐら感があって(…体調悪いときにはきつそうですが(苦笑))、物語の中にぐぐっと身体を持っていかれるような、そんな感覚になります。

もう、出てくる役者さんたちの演じているのは、本当に勝手気ままな猫たちそのもの。
センターで誰か歌っているときも耳の後ろの辺りをお手入れしている猫あり、遊んでいる猫あり。
するり、とスロープから出てきたかと思えば、ふぁーっと雲の子を散らすように何処かに消えてしまう。

…正直1幕は“え…ど…何処見てればいいの…!?”とちょっとまごまごしつつ観ておりました…でも目が惹きつけられて離せなかったのはラム・タム・タガー…何だあのフェロモン猫(笑)!!!!
ソロの始まったあたりは“すごい猫出てきちゃった…!すごい猫出てきちゃった…!!”と思っていたのに、終わるころには雌猫と一緒に“うにゃーん”状態にされてましたよ…(笑)!!
#カーテンコールもかわゆかったー♪

でも、一番ええなぁ…と思ったのは、アスパラガスとジェリーロラムのシーン。
ジェリーロラムの…母性とはまた違う、女性らしい包容力にあふれた眼差しというかなぁ…そういうのがすごく素敵で…。
この後のグロールタイガーとジェリドルボーンのシーンも含めて一番印象に残りました。この日、この2役を演じていたお二方、声もすごく好き!

それと、スキンブルシャンクス!
なんというか、滲み出る少年ぽさが可愛らしくて。
そしてみんなでぱっと列車を作り上げたシーンには吃驚するやら涙するやら…。

勿論かの有名なナンバー“メモリー”も素晴らしかったです。
劇場中がひやりと少し温度が下がるような静謐さに包まれながらも、情熱が震えているような、そんな歌声にじんわり…。

最後の群舞はパワーにただただ圧倒。
あれだけの時間、あれだけ動き回って、あれだけ踊って、あんなに歌えるって…!

もうとにかく、泣いたり笑ったり驚いたり、とても充実した観劇となりました。

…これはね、リピーターが多いのはよくわかるわ…。
流石に1回ではすべてのにゃんこが把握しきれないし、役者さんによってどれだけ変わるのかを見てみたい!と思わせる舞台だなぁ…と。
…ええ、私ももう1回観たいですとも…!
次回はオペラグラス持って行こう…お席は2階部のS席(ほぼ正面)でかなりいい席だったのですが、どうしてもメイクのほうが際立って見えちゃうから、表情までよくわからなかったのが無念だったので…。

以下キャスト+α。
続きを読む >>
Book/Music/Movie - comments(0) - trackbacks(0)
NOW READING
MY KOTONOHA
mini BBS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

TB People
PROFILE