写真、萌、茶、読書。わんこと暮らしたしあわせな日々。雑多極まりない雑食系Weblog。
2017 05 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
・ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
・ 帝都甘味三昧
DEL REYのチョコレート

表参道ヒルズDEL REYにて購入したチョコレート。
銀座のホテルにて、持参した桜紅茶 2006(シルバーポット)をアイスティにしていただきましたが、ウバを持参しなかったことが悔やまれるほど濃厚でしあわせなチョコレートでございました。

私が購入したのはシナモン、カラメルプラリネ、ブリュボンラズベリー。
シナモンの濃厚さも、とろりとした生クリームと程よくゆるいラズベリーもしあわせでしたが、特にカラメルプラリネを食べている時には、間違いなく脳から変な物質が出ていたに違いない…というぐらい何処か遠いところに行ってしまいそうな幸福感に包まれました…。

…V.I.Pチョコ2枚分以上のしあわせ感は確かにあった…!(庶民の貧困すぎる発想)

本当に東京にいる間、食べてばかりいました…。
甘いものだけでも、マリアージュ本店でフィナンシェ、このチョコレート、茶の葉(銀座松屋B1)でお抹茶と黄身餡の練りきり…。
まさに帝都甘味三昧。でももっといろいろ食べたかった…!(……)

…まあ、いつまで旅行の話をしてるんだっていう話なんですが…(うつむく)
#でもまだまだ写真もネタも…OM-1も現像に出してないし…。
#表参道ヒルズ近辺はOM-1で撮影しました…露出自信ないなぁ…(苦笑)
続きを読む >>
Foods or Sweets - comments(0) - trackbacks(0)
・ V.I.P生クリームチョコレート(CGCロッテ)
VIP生クリームチョコレート(ロッテ・CGC)…嗚呼…遂に見えてはいけないものが見えるようになったか…と、束の間、スーパーで本気でぼんやりしましたが、夢でも幻でもなかった…!

あたいみつけた!!
ロッテV.I.P生クリームチョコレート…!!

このエントリのコメント欄でちょうど盛り上がっていたことだったので、あまりに熱望するあまり、本当に見えちゃいけないものが見えるようになったのか…と本気でびっくりしましたが…。

手に取った瞬間“CGCグループ”マークが目に留まり、裏まで確かめましたが、確かに製造者はロッテになっている…。…と…とりあえず食べてみないことには…と、500kcal超のカロリーに刹那慄きながらも2つ購入。

興奮冷めやらぬまま、どぎまぎしながらぱくり。
…ぱきん、というちょっと厚ぼったいチョコの感触、普通のチョコレート…と思わせておいて、中盤以降に舌で感じるなめらかさと、しあわせ感の増すこの感じ…!
確かにこれはV.I.Pチョコ!!!!
原作の『チョコレート工場の秘密』を読んだときに、真っ先に喚起されたしあわせな板チョコの感覚そのもの…(悦)!!!
…あたい、このチョコが滝でホイップされてるって言われたら、今ならきっと信じてしまうと思う(真剣)←あほの子。

500kcal…と慄きつつも、結局ぱくぱくいただきました…しあわせ…(うっとり)
こういうしあわせ感のある板チョコって、ホントこのV.I.Pチョコ以外に出会ったことがないので、久しぶりに悦に入りました。

んで、これは2枚目。(カロリーに関しては考えないことにしますよ!)
本日はちょっとミルクを落としたウヴァ(写真はストレートの状態ですが)を合わせていただきました。すっきりしっかりした渋みと、まろやかでなめらか、かつコクのあるチョコがぴったりで更にしあわせ…。

調べてみたところ、どうやらCGCがCGCロッテ、として限定復活させたらしいです。GJだ!素晴らしい!どんな賞賛をもってしても賞賛しつくせないぐらいのGJだ!!(…そこまで…)
限定などといわず、定番商品化を…!
お口の恋人だ!!そして、あなたも私もCGCだ!!!!(…)

[参考]
 ・CGCグループ
 ・ロッテ
Foods or Sweets - comments(16) - trackbacks(0)
・ ウォンカチョコがやってきた
ウォンカチョコとウォンカバー時節柄と申しましょうか、チョコレート工場関連エントリが続きます。

そう!私も手に入れたのです!ウォンカチョコとウォンカバーを!!

mixiのチャーリーとチョコレート工場コミュで、ロフトやらハンズやらという鄙者には縁のない場所で売られているらしいという話題を“うらやましい…”と指をくわえてみていたあたしはもういない…!!!!
(何でそんなにテンションが高いのか…これがだめっ子天才ショコラティエのチョコレートの効果か…)

先日柚子茶も補給したし、まあ、今日は寄らなくてもいいかなーと思いつつふらりと入った輸入食料品店でドライマンゴーを買わんとレジに行ったら、レジ前に燦然と並ぶウォンカチョコとウォンカバー!!!!!

 … っ て チ ョ コ 、 で か ! ! ! ! ! (明らかにカロリーを考えたくない感じ)

輸入食料品店に寄った自分を心中で褒めちぎりながら、チョコ2枚とバー5本買っとく?と思いましたが、どう考えても尋常な量ではなくなるので、チョコ1枚とバー4本をお買い上げ…(実はあまり変わっていない)

嬉々として友人に報告したところ、“…へぇ…”と冷たい目で見られましたがドンマイ。

さて、お味のほうは…。
……あー…輸入物のチョコレートって…こういうイメェジですよねー…とちょっぴり生温かい笑みをしたくなるだだ甘っぷり…。でも中に入っているキャラメルクリームのとろーり加減はとっても好み!
…え…なんか入ってる?という感じにいきなり舌の上で転がるライスパフには驚きましたが…(苦笑)

できれば劇中であったSEのように“ぱきっ”と音のするチョコレートがよかったなぁ…と思いつつ、やっぱりこの“Wonka”の文字についついにんまりしてしまうのでした…(輸入元ネスレの思うツボ)

個人的にウォンカチョコ(原作のチョコも含め)のイメェジは、5年ぐらい前に明治だったかグリコだったか、森永だったか…とにかくごく一般の菓子メーカーが出していた、ホイップ生クリーム入り、と謳われていたちょっとリッチな板チョコです。ぱきっていう音の加減も、少し厚みがあるので、ちょうど映画のSEに似てました。あれおいしかったのにもう見かけないなぁ…。

DVDのほうは、英英辞典まで引っ張り出さん勢いで、さっぱりついていけぬ口語にしょんぼりしつつ英語字幕で観ようキャンペーンを自分の中で催しております。アメリカ在住の友人に“チャリチョコは子ども向けだと思うから大丈夫”と言われて意を強くするのは…いいのかわるいのか…(うつむく)
#まあなんだかんだと楽しんで観ておりますよ。
#原語でないとわからないニュアンスを“ああ!”と理解できるとうれしい(単純)

[関連エントリ]
 ・チャーリーとチョコレート工場('05)
 ・チョコレート工場がやってきた

[参考]
 ・チャーリーとチョコレート工場 (公式)
 ・チャーリーとチョコレート工場 特別版 (Amazon.co.jp)
Foods or Sweets - comments(14) - trackbacks(0)
・ 『世界のホットドリンク』
マシュマロカフェモカ

 カップからひとすくいする、しあわせ。

被写界深度の浅い写真を並べられると…なーんていってる舌の根も乾かぬうちにこんな写真ですいませ…(うつむく)
しかも、飲み物の写真、いっつも代わり映えしないアングルですいませ…(深くうつむく)

Hot Drinks around the World 世界のホットドリンクもとい。先日、ヴィレッジヴァンガードで見つけて、ぱらぱらと見るだけのつもりだったのに、シンプルだけど読み物としても面白く、写真も好みだったのでついつい買ってしまった『Hot Drinks around the World 世界のホットドリンク』
これに載ってた、カフェモカの原形になったっていうマシュマロの乗ったメキシコの“モカ・カリエンテ・ジャバネサ”がどうしても飲みたくて作ってみました。ココアを含んだマシュマロが、口でしゅわり、と果敢なく解けていくのが甘くて切なくておいしい♪(…しかしちょっと乗せすぎた…)
トッピングはチョコレート効果(明治)のカシス風味をぱらぱらと。
オレンジ系のビターなチョコレートも合いそうです。

茶に関しては“おやつミルクティ好き”を公言しておりますが、何故かと問われれば、それは“お茶がおやつになったらええやん”という非常にしょーもない理由に根ざしているのではないか、と最近思ったりもいたします。(根っからの面倒くさがり)
しかし、何故かスターバックスのマシュマロモカには惹かれないんですよねぇ…。
マシュマロココアもマシュマロミルクティもマシュマロモカも、自分で作ってのほほーんと飲みたいわぁ…とは思うんですが…。
多分、おうちでリラックスしながら、スプーンでそれをひとすくいしてのんびり愉しむのがおやつミルクティ(もしくはおやつカフェオレ)だという気持ちがあるのかもしれません。
外ではできればごまかしのないエエお茶が飲みたい(贅沢)

さて、この『世界のホットドリンク』。
単なるレシピのみにとどまらず、その飲み物のバックグラウンドやら、日本に暮らす海外の方の飲み物の思い出やらが載っているので、読み物としてもとても楽しくぱらぱらめくっております。シンプルなビニルカバーのかかった装丁も好み!
写真も1枚1枚がポストカードになりそうなオサレさだけれども、過度にアピールしすぎてなくて好印象。写真の載っていない飲み物も、ぜひ飲んでみたい!と思うものがいろいろ…。
#お酒が入ってるものが割と多いので飲めぬものが多いのが痛いんですが…。
レシピもかなり簡略化してあるのでしょうが、“作れるかも…”と思えるようなものも多くて、しばらく楽しめそうです。

あったかい飲み物って、地域や文化は違っても、あったかい記憶と結びついているんだなぁ…と読みながらちょっとほっこりできる、しあわせな1冊でした。さて、次は何を作ってみようかな〜♪
Foods or Sweets - comments(5) - trackbacks(2)
・ 檸檬水
檸檬水

檸檬水で、ほっとひといき。

(Panasonic LUMIX FZ20 / Kenko Close-Up No.2)

暮れも押し迫り、本当にあわただしい日々ですが、とりあえず一息。
いたってシンプルな檸檬水です。(長野まゆみ風にルビ振るなら“シトロン・ブレッセ”)
“…とりあえずなんか元気出そう…”という理由でここ数日何度か飲んでおります。レモンをスライスしてグラスに入れ、蜂蜜とお砂糖、お湯を注いだだけですが、このシンプルさがたまらなく沁みるあたり、どうも疲れているようです…ぼんやり。

レモンをグラスにこういう風に入れるのは“お飲みものはいかがですか?―うちカフェドリンクレシピ集”に載ってて、可愛いなーと思ってやってみたのですが、スライスレモンが浮遊しないので注ぎやすいというメリットもあったりします :)

…写真、左上ケラレてるっぽいけどドンマイ。(クローズアップレンズつけてるせいだろうな…)
…そして気がつけばWeblogのエントリが2日も空いていました…信じられない…(泣)
生きてます…ええ…なんとか…(ぐんにゃり)
Foods or Sweets - comments(0) - trackbacks(0)
NOW READING
MY KOTONOHA
mini BBS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

TB People
PROFILE