写真、萌、茶、読書。わんこと暮らしたしあわせな日々。雑多極まりない雑食系Weblog。
2017 08 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
・ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
・ いたストSP 攻略(自己流)

DQ&FF いただきストリート Special
icon

だいぶ検索ワードの“いたストSP”は減ってきたものの、の攻略に関するものはまだ結構多いようなので、自己流の攻略法でもまとめてみようかな、と…。取り敢えずトーナメントに関して、ということで。
かなり曖昧でいい加減ですが、多少なりとも参考になれば…。

最近ちょっと遊んでませんが、スフィアバトルで全員同じ職業で遊んだりしてみました。
僧侶は、空き地のファーストチョイスが全員神殿で、中盤に結構恐ろしいことになったりしましたが、ほぼランクどおりの順位。

商人は中盤以降はスフィアの出に結構左右されました。“ベホイミ”“ベホマ”でとんでもない店が乱立したりとか。

一番恐ろしいことになったのは全員戦士。もともとキャラクター的に5倍買いの好きなメンツがそろっているのに加え、中盤以降、全員が強制購入スフィア連発で独占エリアがあっという間に“別の人の独占エリア”になったり(苦笑)
…目標額高めにするんじゃなかった…と半泣きになりながら、大混戦を何とか制しましたとも…。

…というわけで、そんな阿呆な遊び方をしている(…)私ですが、自己流攻略法。
続きを読む >>
Game : いたストSP - comments(0) - trackbacks(0)
・ いたストSPプレイ日誌(11)

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special
DQ & FF in いただきストリートSpecial お金もチャンスもいただきガイド
DQ & FF in いただきストリートSpecial パーフェクトガイド

パーフェクトガイド買いました。久しぶりに読み応えのある攻略本で面白いです。ページ下の囲みに各キャラの科白が書いてあるのが面白くって。個人的に非常にウケたのは、スコール(FF8)の破産時の“…ママ先生…ごめん…”でした。
あとは、プレイしたことない作品のキャラ紹介とか面白かったです。
いたストを既にやりこんでるプレイヤーにはキャラ紹介ぐらいしか読むとこないような気もしますが(苦笑)、なかなか勝てない!という方は前半のルール紹介をじっくり読むといいかもしれません。

それと、隠し要素で知らなかったもの!
勝敗の条件が変えられたんですね…知らなかった…トーナメントで適用になるかはわかりませんが、プレイ中の画面のメニュー→その他→目標の確認→L1+R1で、目標金額の色が白から黄色に変わり、もう一度L1+R1でまた白に戻ります。
で、白のときは通常の“目標金額を達成して一番最初にぎんこう城に戻った人が勝利”、黄色のときは今までのいたストのように“目標金額に達したキャラがぎんこう城に戻った時点で、一番資産の高い人が勝利”です。

▼ スフィアバトル進捗状況
目標金額高めにして、今まで長いマップを遊んでなかった職業でスフィア集めやってます。
盗賊、踊り子、商人、魔法使いで遊んでみました。

盗賊はとにかく我慢の職業…。序盤で手に入るスフィアが真価を発揮するのが後半だというのがちょっとつらい。(バシルーラはがんがん使いたいんですが、くちぶえはなかなか…)
踊り子は比較的どの場面でも対応力があるので、使いやすいと思います。ちょっと身を守る手段にかけるのが不安要素といえば不安要素。
商人はひたすらわが道を行くのみ。ちょっと他の職業よりダイス運に左右されるところがありますが…。
そして、思ったより使いにくかった魔法使い。イオ系はかなりおいしいんですが、“買い物料を下げる”っていうのは、その時だけなので、戦士のほうが相手に与える総合的なダメージとしては大きい気が…。(相手にするときのこと考えても、そのときの買い物料下げられるより、お店価格下げられるほうが困りますもの…)

スフィアは残り18。しかしかなり高レベルのものが残っているので頑張らないとコンプはキツそう…。

▼ キャラ同士の会話
同一作品からのCOMキャラが2人いる場合に、一度に2ウィンドウ出て、掛け合いがある、というのは知ってましたが、稀に一部のキャラで作品が違ってても2ウィンドウ出ることがあります。
……が、同じ作品ではないと“掛け合い”にはならず、単に同時にウィンドウが出るだけ、という感じ。

個人的にククールさんがFFの女子チームにかける科白は、殆ど同一のものがなくて面白いです。
…えー、ぶっちゃけて言えば、キャラクターごとに科白がかなり細かく違うんですよ。
…口説き文句が(笑)
多分、彼が一番テキスト容量を食っている…と確信。

…ところでククールさんはAランクらしく、“負けないいたスト”をやってくるものの、“勝ちに行く”のが異常に遅く、殆ど間に合わないのは…女子プレイヤーに花を持たせるためなんでしょうか…。でもあの“負けない技術”は真似たい感じです。Aランクでやっぱり一番怖いのはエアリスだなぁ…。マップによってはフローラも。

取り敢えず、そんな感じで遊んでます。

[追記]
ロンダルキアで、ぎんこう城を凍らせておいたのに、エアリスに先に入られて…という件ですが(1月20日エントリ)、“止まれない”だけで、通過時に機能はするそうです。ぎんこう城だけでなく、マークマス、株屋、関所も同様。(攻略本より)
Game : いたストSP - comments(0) - trackbacks(0)
・ いたストSPプレイ日誌(10)

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special
DQ & FF in いただきストリートSpecial お金もチャンスもいただきガイド
DQ & FF in いただきストリートSpecial パーフェクトガイド

スフィアバトル・トーナメント、“闇のクリスタルコース”、終わりました。
何とか6ステージともノーセーヴ、ノーリセットでしたが、5ステージ目の飛空艇でまたしても総額で勝ちながら、先にフローラに銀行に入られて2位。あいつとまたやるのヤなので まあプレイ内容的に不満はなかったので、負の遺産として残し、いつかリヴェンジする糧にしようかと(復讐の予定ばかりの人生です。)

▼ スフィアバトル・トーナメント進捗状況
6ステージすべて終了。5ステージ目のみ2位通過でした。

5ステージ目・飛空艇:フローラ(商人)に左半分のマップを殆ど独占され、レベルアップ補助スフィアでがすがす資金繰りされ、がんがん増資され…。10株売りでちまちま落としましたが、離島以外に3件エリアを作れなかったのが敗因。無念。やっぱりスフィアで離されるとしんどいですね。やはり、餅は餅屋だ…所詮賢者は赤魔導師…育てればザオリクもパルプンテも使えるようになるわけではない……がっくし。

6ステージ目・天空城:かなり早い段階でエアリス(僧侶)に空き地を含む独占エリアを作られてしょんぼり…これはだめっぽい…と思いつつ、相乗りして、地味に3件エリア作ったり、2件エリアを増資。ただ、レベルアップ補助があったので、レベルに関しては最終的に2レベルぐらい先行しました。

終盤に、ずーっと序盤から狙いつつ止まれなかった自分の飛空艇乗り場に止まれたので、誰も相乗りのいなかった(増資額が少なかったから?)中二階の空き地をやっと押さえて(当然終盤なので木の店)、エアリスの独占エリアを10株売りしつつ、最後はその飛空艇で銀行へゴー。…結局その2回しか止まれなかったっす…落下ボタンで落とされる場所だったのもありますしね…。

でも、エアリスはプレイングがすごく我慢強くてすげー…と思いながらやってました。とにかく全体的に安定しててわかりやすいキャラですね。見て学ぶところも多かった。(…我慢苦手です…)

▼ 追加キャラ
・タルタル、チョコボ (闇のクリスタルコースクリア)
・スフィアバトル・トーナメントすべてクリアですべてのキャラで職業選択可に。

取り敢えず、トーナメント終了したので、あとはスフィア集めをしようかと思います。
#結局残り28から増えてないし…しょんぼり…。

それと、キャラ同士の掛け合いをもう少し楽しみたいなー。
個人的にはFFX、X-2の4人を揃えてやるとなんとなく楽しげで好きです。
4人揃ってる作品はいいですね。(他はFF7)

ちょこっと世界樹にDQ4の3人集めてやってみました。(プレイヤーはライアン)
姫様が“ねぇクリフト、ホイミンが一緒ってなんだかずるくない?”と言うのに対して、クリフトさんは“大丈夫です!姫様には私がついています!”と涙ぐましいことをいっていました。
……いいのかクリフト、ホイミスライムと同列で。
…心から涙ぐましい子でした。嗚呼報われぬ愛。
ついでに姫様は“全然大丈夫じゃないし…”とか思ってそうです…(合掌)
Game : いたストSP - comments(0) - trackbacks(0)
・ いたストSPプレイ日誌(9)

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special
DQ & FF in いただきストリートSpecial お金もチャンスもいただきガイド
DQ & FF in いただきストリートSpecial パーフェクトガイド

お金もチャンスもいただきガイドのほうの裏表紙なんですが、ずっとカバーかけてたので、今日気づきました……この人、DQ1の主人公では?
#サイコロじゃありませんよ(笑)!!!
しかし、出てきそうな気配はなく…個人的にはFF8のキャラがもう1人ぐらいほしかったな…と…。

えーと。相変わらずだらだら進めてます。“闇のクリスタルコース”が残り2ステージ。

▼ スフィアバトル・トーナメント進捗状況
“闇のクリスタルコース”4ステージ目まで終了。割とさくさく1位通過で進めてます。“大盗賊カンダタコース”に引き続き、ユウナ(X)を賢者にして使用中。

1ステージ目・タイクーン城:ランクの低いキャラ同士のぐだぐだ相乗りにうまく乗れず…何とか1位で勝ちましたが、このタイプの対戦はしんどいっす…。

2ステージ目・アレフガルド:1周目で右半分のエリアに3件のエリアと2件のエリアが2つ作れたので(奇跡だ…)、そこを順調に育てて、スフィアのマーク補助で左下のハートを一度も取りにいくことなく圧勝。株の運用のうまいビアンカがしばらく離島にハマってくれたのも助かりました。

3ステージ目・雷平原:離島2エリア中1エリア独占+空き地含む5店舗エリア中3店舗の地味なインサイダー。アリーナの爆発インサイダーが危なかったんですが、相乗り株の10株売りで泣かせてしまいました(苦笑)

4ステージ目・世界樹:今回の最大の謎…。あまり当たり慣れないDQ8のキャラ3人だったんですが、みんな増資が遅いので、首をひねりひねり…。Dランクのヤンガスは兎角、Aランクのククール(僧侶)は相乗られていると増資してこないタイプなのか、ひたすらスフィアで地味に稼いで2位。Sランクのゼシカは今まで何回か当たってるんですが、どうもいつも自滅くさい感が否めないのですが…(今回も4位)。
ヤンガスのバシルーラとテレポ、ポイズンに散々泣かされましたが、マーク補助で地味にレベルアップボーナスもらいつつ、かなり地味に勝利。(マヒャド斬りすら殆どセットしなかった…)

▼ スフィアバトル・職業(8)
ホントに運頼りにはなりますが、賢者のマップに対する耐性は結構強いかも。盗賊がいるとき、分岐の多いマップではマーク補助が助かります。序盤に“これがあると頼りになる!”というスフィアがもらえないのが結構痛いですが…。やっぱり賢者というより赤魔導士系だよなー…と思いつつも、器用貧乏ラブなので(…どういう“ラブ”…?)、結構好きです。

今回は4戦やってもスフィアが1つも増えず……。しょんぼり…。

ところで、ククールさんがユウナに“エボンの教えより俺を信じてみなよ”とか“ユウナ嬢は運命って信じるかい?俺は今日から信じるよ”とかゆってました…(薄目)
…何か彼の対ユウナのこういう科白って妙に生々しかったです…ぼんやり。
ユウナ“嬢”っていう言い方が何だかこう…妙に……。
続きを読む >>
Game : いたストSP - comments(0) - trackbacks(0)
・ いたストSPプレイ日誌(8)

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special
DQ & FF in いただきストリートSpecial お金もチャンスもいただきガイド
DQ & FF in いただきストリートSpecial パーフェクトガイド

だらだらやってましたが、やっとこスフィアバトル・トーナメント“大盗賊カンダタコース”クリアで、ローレシアの王子出現です。でも、通常のトーナメントモードはリセットしたりしましたが、今回は6ステージともノーセーヴ、ノーリセットでクリアできました…後半長かったけど…。

▼ スフィアバトル・トーナメント進捗状況
前述のとおり、大盗賊カンダタコース終了。

4ステージ目の死の火山は空き地を含むエリアを案外さっくり押さえられたので、余裕でした。2500超を2回もフローラにいただいたのもありますが…でもあの変形マップのおかげで時間はかかりましたけどね…。

#ところでキャラ紹介のフローラ、“幼なじみのアンディが かすんで消えるほど衝撃的だった!”
#…ってあんまりじゃないですかね(笑)
#かすんで“見える”ならまだしも、“かすんで消える”のは切なすぎる……。
#…そりゃアンディも衝撃的やわ(笑)

…しかし、5ステージ目のロンダルキアで、総額では勝っていたのに先にエアリスに銀行に入られて2位でした…_| ̄|○
銀行、凍らせておいたんだけどなぁ…。確認してませんが、ゴールの時には関係ないのかもしれません…今まで勝率100%で通過してきたので、リセットしようかとも考えましたが、あのマップ長くてダルいあまり相乗りがうまくいかなかった自らへの戒めと、負の遺産として残そうかと…。

ああいう殆ど仕掛けがなくて、一方向にのみ進む長いマップでは僧侶が安定してますね。やっぱり。(盗賊がいないときは基本的に安定して強いです。盗賊いると移動補助ないのに株買えなくてホントに困るけど(苦笑))

最終ステージのビサイド・キーリカは怒涛の5倍買い合戦を何とか制しました…。
アーロン、りゅうおう、パインと5倍買いが好きなメンツばかりでどうにも…(苦笑)
しかし、賢者はスフィアの引きがやはりまちまち…。あくまで“運の要素の割と強いプレイ補助”ぐらいに考えたほうがいいかもしれません。要するに、あまりアテにならない、と(苦笑)

▼ 追加キャラ
・DQII主人公、DQVI主人公 (大盗賊カンダタコースクリア)

▼ スフィアバトル・職業(7)
しばらく盗賊のいないステージが続いたんですが、盗賊ってスフィアをうまく集められれば、戦略が立てられて面白そうだなー、と今更。盗賊を“面白く”使うには、相当プレイングの技術もないとダメそうですが…。
やはり、単純に勝ちに行くなら僧侶、ある程度マップに対する耐性も考えると賢者、という感じでしょうか。

以下入手スフィアまとめ。残り28。
“ジョブチェンジ”をカジノで手に入れたんですが、セットしなかった所為か、リストに載りませんでした…しょぼん…。
続きを読む >>
Game : いたストSP - comments(0) - trackbacks(0)
NOW READING
MY KOTONOHA
mini BBS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

TB People
PROFILE