写真、萌、茶、読書。わんこと暮らしたしあわせな日々。雑多極まりない雑食系Weblog。
2018 02 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
・ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
・ Tiny Best Friends.
Were Tiny Best Friends.

 わたしたち、いつだってなかよし。

(Original Photo : Panasonic LUMIX FZ20 / Kenko Close-up No.2 / Kenko Softon Speck[A])

突然ベイビーブルーマーズ(@RC楽天)を買いました。
ふらりと寄ったトイザらスで、立っているのに半目(!!)でこりゃタカラ入院決定だろう…という子が1体だけいたのですが、角度を変えて見ているうちに、この子、意外と味があるかも…と思って購入してみたのです。
…しかし、帰ってきてスリーヴはずしたらお目目パッチリ…。
…目論見が外れてちょっぴりしょんぼりしましたが、可動式になってからプチを1体もお迎えしてなかったので、折角だからがんばって可愛く撮ってみよう!とチャレンジ。

…む…むずかしかった…。

絵本に出てくるような、ほわんとした空気で、ちいさなおともだち同士のないしょ話…というイメェジだけは出来ていたものの、なかなか“ないしょ話”という雰囲気にならなくて苦労しました。
特に正面目なので、キリンと目線が合わなくて…目の中の光を調整するのにまた一苦労…レフに使った鏡の角度を微調整しつつ、何とかキリンと目が合いました…ふぃー…。

それにしても、80枚(…)近く撮って、納得のいったものが2枚ぐらいしかないというのは久しぶりでした(苦笑)
Blythe - comments(5) - trackbacks(0)
・ スポンサーサイト
- - - - -
コメント
ヒカルさん、こんにちは。

ヒカルさんのブライス写真は世界があって好きです。
(もちろん他の写真も好きです!)

この写真を見た瞬間「か…かわゆい」とデレッとしました。
絵本の世界みたいです(パッと見てそう思いましたよ!)
光の明るさと柔らかさがいいなぁ……。
ほんわかだけじゃなくて、なんだろう?
雪の光みたいな…。素敵です。

>80枚(…)近く撮って、納得のいったものが2枚ぐらいしかない
ほわ〜。写真に対する姿勢を学ばなければ(反省)
少し話をかえまして…。
病院に飾っているたくさんの写真を見ても、心は動かないんです。
#プロが撮ったような綺麗な写真ばかりなんですよ。
“心が動く写真と動かない写真”、「何が違うのか?」考えてしまいます…。
「写真は技術だけじゃないっ。」のような精神論でもないし…。むむむ。
2006,03,19 Sunday 10:11 - yuki
yukiさん、コメントありがとうございます!

Blytheを撮るときって、こんな風なイメェジでこんな風に撮りたい!っていうのを形にしている(つもり)なので、“世界がある”って言っていただけるととってもうれしいです :D

ブルーマーズさんは店頭で見たときから“絵本とか外国の児童文学に出てくる女の子みたい!”と思ったので、何とかそんな風にぱちりしたいなぁ…と頑張ってみました…が非常に難しかったです…(悲哀)
特にプチはあの“ぐわーっ”とした眼力をいかにして表現*しない*かが難しかった…(苦笑)

>こころが動く写真と動かない写真
私も病院で写真を見てると、“これはあえてこころが動かない写真にしてあるのかな”と思うことがあります。
写真を見るって、撮った人の想いを汲み上げたり、その想いに寄り添ったりする作業でもあると思うので、エネルギィのある写真って、やっぱりエネルギィがいると思うんですよ。
エネルギィがある写真であればあるほど、合う合わないはくっきり分かれますし…。
だから敢えて、病院という場所だからこそ、“心が動かない写真”をチョイスしてあるのかなぁ…と。

綺麗だなって思う写真と、素敵だなって思う写真が微妙に違うっていうのは、その撮った人の想いに寄り添えるか否かなんじゃないかな、と思うんですよね :)

…そう考えている私は最近、写真の雑誌を見ていて、若い人のエネルギィのある写真についていけない…と感じることが多いとです…(苦笑)
2006,03,20 Monday 02:30 - ヒカル
ヒカルさん、こんにちは。

>世界がある
読み返して、言葉が足りないって思いました。
なのに、私が伝えたかったことを読み取っていただいてありがとうございます。
コメントを書くときは、粗相があってはいけないっ…。と思い、ヘタな告白のようにずれていく私です…。

>病院という場所だからこそ、“心が動かない写真”をチョイスしてあるのかなぁ…と。
私の疑問に答えていただいてありがとうございます。
子供のような…疑問ですみません(うつむく)

そうですよね。美術展で鑑賞するわけではないですものね。
病人を癒すのではなく、疲れさせてどうするのだ…。
写真、絵画等で、自分の名前を出すことは表現しているわけだから、
何か感じなければいけない…。とフィルタをかけた眼で見ているのかもしれません…。
職業柄?少し…ゆがんでいますね(苦笑)
2006,03,20 Monday 10:09 - yuki
こんにあいは、はじめまして。
すっごくほんわかした写真でかわいいですね。
うちにもブルーマーズさんはいますが、こんなかわいらしい雰囲気じゃなくって…
こんな風にも見えるんだ〜って目からうろこ状態です。
うちの子もまた、ほんわか路線でちょっと見てみようと思います。
2006,03,21 Tuesday 14:21 - Yuka
yukiさん、Yukaさん、コメントありがとうございます!

■ yukiさん
言葉足らずなんて、そんなことありませんでしたよー :D
大丈夫です♪お気になさらずに♪

>何かを感じなければならない
私にとっては、とっても目からウロコなお言葉です。
どちらかというと、私は病院という場に長年通いすぎている所為か(苦笑)、“そういうもんなんだよなー”と写真や絵を眺めたりしていましたが、その作品には確かに“撮った人”“描いた人”がいるんですものね。
そこから何かを感じ取ろうとするyukiさん、とっても素敵だなと思います :)
私も来月病院にいった折には、ちょっとそんな気持ちで絵や写真を眺めてみようと思います :)

■ Yukaさん
はじめまして :D
プチはパッチリしたお目目と眼力が魅力でもあると思うので、そのあたりをいかにブルーマーズさん特有の外国の少女のような雰囲気とミックスするかが難しかったですね^-^;
でも、ほんわりかわいらしい雰囲気を感じていただけてうれしいです :D

よろしかったらまた遊びに来てやってくださいませ(ぺこり)
2006,03,23 Thursday 01:55 - ヒカル
コメントする
 



この記事のトラックバックURL
http://halcionbird.jugem.cc/trackback/1150
トラックバック
NOW READING
MY KOTONOHA
mini BBS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

TB People
PROFILE