写真、萌、茶、読書。わんこと暮らしたしあわせな日々。雑多極まりない雑食系Weblog。
2017 10 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
・ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
・ 恋する水筒
I carry My-Bottle.

今一番ほしいものは?と訊かれたら、迷わず“かわいい水筒!”と答えます(真顔)
ええ、それはもう真剣に。

結局のところ、(普段飲むなら)自分で淹れたお茶が一番ンまい、という結論にたどり着き、去年からずっと職場に水筒、もしくはスタバのタンブラーに茶を入れて持っていっております。

スタバのタンブラーは可愛さではまったく問題ないものの(3年ぐらい前のブルーのタイル柄のがお気に入り)、保温には向かず、アイスティの季節はやっぱり水筒の独壇場です。

何時間経っても氷がステンレスのボトルの中でからからいう“まだ冷たいよ”という音。
蓋の小さなコップで飲むキーンと冷たいお茶。
とてもとてもしあわせな瞬間です。


今使っている水筒は、もう6年ぐらい使っているかな…。
中栓がちょっとヘタりはじめたし、茶渋もずいぶんついているし、そろそろ新しい水筒を買おうじゃないか…!と考えていたところで知ったすいとう帖
(ほぼ日からでも、Exciteニュースからでもなく、park editingから知った、というあたりがちょっとひねくれています…)

それから約2週間、“ああ…!かばゆい水筒がほしい…!”と電子の波を彷徨っているのです。
…先日行った、仙台でも探しました。
最早その情熱たるや、恋にすら似ています。(…)
デザインでは文句なしアラジンの赤チェックが可愛いなぁ…と思うんですが、氷を入れるので内部がガラスのものは絶対にNG。
(コップもかわゆいのに、一度既に別の内部ガラス製のポットを割ったことがあるので…。)

そして、やっぱり水筒であるからには“蓋を開けて小さなコップにそそいで飲む”というプロセスも大事にしたい…ということで、直接飲む、若しくはストロータイプもNG。

…となると、デザインまで考慮するとあまり選択肢は多くなく、サーモスのエジンバラ(赤)かなぁ…と…。

ただ一つ、水筒に問題があるとするならば…。
ステンレス水筒の構造上なのか、発酵度の低いお茶(紅茶も含む)や、タンニンの多いお茶は、長い時間一定の温度で保たれている所為なのか、特にホットだと味と香りが極端に変わっちゃうのです。
アイスでも繊細なお茶は水筒には向きません…。農園モノは今のところ全敗中。アイス向きのブレンドティならギリギリ…というところかな…。
あと衛生面を考えるとミルクティもちょっとツラい。

そうなると、ある程度ごまかしが訊くフレイヴァードティをチョイスすることが多くなるのですが…。

…そうなると、今度はアイスティにしてンまいフレイヴァードティを求めて私は彷徨わねばならなくなるのです…おお…!(無限ループ)
#結局コンスタントにおいしく飲めるのは白桃烏龍 極品(ルピシア)。

そしてもう一つの問題は、カメラと一緒に持ち歩くのが大変なこと。
密閉栓といえど、やっぱりあれだけの水分が入ったものとは一緒のかばんには入れられないので、本気で両方持ち歩こうとしたら、かばんが2つになります…。

…でもね…おいしいお茶もカメラもあったほうがしあわせじゃない…?
#本気で言っているのでタチが悪い。


水筒に関して、エコという観点ではまったく考えたことがなく(…)、単にンまい茶をいつでもどこでも飲みたい、というだけだったのですが、確かに水筒を持ち歩けばペットボトル飲料は買わなくなるし、ゴミも少なくなる。
…そうやってペットボトル飲料を買わないようにしよう、と意識すると、レジ袋も本当に必要なとき以外はいらないなーと思うようになったりするので不思議なもんです。(そのうち“かばゆいマイレジ袋がほしい!”とか言い出しそうだな、この人…)


そんな訳で、夏のしあわせなアイスティライフを模索する日々でございます。そしてかばゆい水筒情報求む…!


余談ですが、park editingのサイトで紹介されているBookcover×Bookはどれも素敵!全部ほしくなっちゃう…!!!

【参考】
 ・ すいとう帖
 ・ park editing
 ・ ほぼ日刊イトイ新聞 カワイイもの好きな人々。(ただし、おじさんの部)
 ・ スローでエコな「myすいとう」のススメ (Exciteニュース)
Today's notes - comments(2) - trackbacks(0)
・ スポンサーサイト
- - - - -
コメント
私も「すいとう帖」をどこかで(アイマイ!)見かけて気になっていました!
好みのお茶をどこでも飲めるって、いいですよね。
少々荷物になりますが、ペットボトルより風情があるように思います。

お出かけの時は、水出し茶を「ほぼ毎回」水筒に詰めています。
私の水筒はコップはついていなくて、フタをあけて直接飲むタイプです。なんとなく「湯飲み」に通じるところがあり、お手軽でいいので選びました。
360cc入りで、鼻の長〜い動物さんの会社の「タフマグ」という製品です。

氷は入れたことがありませんが、よく冷えたのも美味しそうですね。
とりあえず、1番吸収が早い温度だとかで、ぬるいのを入れています。
ほうじ茶や、ルピシアの「ライチウーロン茶」「チェリーピーチ緑茶」あたりが気に入っています。
いい水筒と出会えると良いですね!
2006,06,28 Wednesday 21:53 - なすの花
なすの花さん、コメントありがとうございます!

なすの花さんは関西在住でらっしゃるので、もしかしたらすいとう帖、何処かのお店で見かけたのかもしれませんね :D
#主催の方が関西在住のクリエイターの方なので…

本当に好みのお茶をいつでもどこでも飲める、というのはしあわせですよね!
いつでも冷たく飲める、というのも、この時期やっぱりサイコー!と思っております :D

>タフマグ
私もカメラと一緒に持ち歩くんでなければ、これも候補に上げるんですが、どうにもがばーっと蓋が開いたらどうしよう…という不安に駆られてしまうので(苦笑)、やっぱり水筒かなぁ…と思っております。
持ち歩けるサーモマグ系は洗いやすいのがいいですよね♪

>チェリーピーチ緑茶
最近買っておりませんが、私もこれ大好きです!
夏にきんきんに冷やした水出しで飲むのが大好きなお茶です♪

>いい水筒
まだまだ探し回っております…大手量販店で候補に入れていたものはひとしきり見てきたのですが、“思ってたよりでっかい…”とか、“かわいいけど内部がガラスなのは…”とか、“フルオープン栓って洗いやすそうだけど、今ひとつおもむきが…”とか…。
まだまだ理想の水筒探しの旅は続きそうです…(苦笑)
2006,06,30 Friday 22:20 - ヒカル
コメントする
 



この記事のトラックバックURL
http://halcionbird.jugem.cc/trackback/1204
トラックバック
NOW READING
MY KOTONOHA
mini BBS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

TB People
PROFILE



webring日々是系
| Home|
random| list