写真、萌、茶、読書。わんこと暮らしたしあわせな日々。雑多極まりない雑食系Weblog。
2017 10 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
・ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
・ Re:S [りす] Vol.1 (リトルモア)
Re:S vol.1
ずっと書こう書こう、と思いながら、書けずにいたRe:S vol.1
発売日から数日で本屋を4件もめぐって手に入れたのに…(苦笑)

最近、どうも雑誌を読んでると“私は踊らされぬ…!踊らされぬったら…!!”と妙にぎらぎらした目で読んでしまうのですが(特にコスメ雑誌(苦笑))、ほーっと息を吐きながら、ゆるゆるとした気持ちで読める、紙の質感も、写真も、フォントもとてもきもちのいい雑誌です。

特集は“すいとうのある暮らし”と“いまだからワープロ”。

特にすいとう特集のほうは、ステンレスボトル、ガラス魔法瓶、ステンレスマグ、タンブラー…。
さまざまな“すいとう”が紹介されている中に、少しでも“すいとうのある暮らし”が身近になりますように、という想いが込められていて、とてもいとおしく読みました。

私自身も6月ごろから熱に浮かされたかのように“すいとう!すいとう!!”と騒いでおりましたが、本当に今ではすっかりすいとうのある生活が定着しております。
仕事に行くとき、出かけるとき、更に車で出かけるときに至ってはすいとう2本とタンブラーまで持ち歩く始末(苦笑)
#1本はかばんに入れる小さいすいとう、もう1本は運転中にタンブラーで飲めるように移す用。

矢張、私にとってすいとうは“便利”である以上に、ふたを開けて注げば自分の知っているお茶の味がすること、そのお茶が冷たく(或いは温かく)飲めること…その2点が大きいなぁ…としみじみ思います。
自分の大好きなお茶の味がすぐそばにある心安さというのは、とてもとてもしあわせなことだと思うのです。

そして、帰ってきてすいとうを洗いながら、ああ、なんとか今日も一日終わった…と一息つく…というのが最近の日課。
“すいとう帖”のエントリのほうでも書きましたが、多分、私の中ではもうすいとうが“おとなであるための良心のお守り”になっているのかもしれません。

もうひとつの特集の“いまだからワープロ”のほうもとても興味深く読みました。
高校の入学祝に買ってもらって、数々の悪行 拙い創作活動やら、大学に入ってからは“(レポートを)FDで持ってってプリントアウトしている時間なぞない…!”というギリギリの時(…)に大活躍してくれた東芝Rupoは今や文字通りお蔵入り(…蔵があるんです…うち…)になってしまっていますが、ゴシックフォントをたった一つ足すだけなのにCDケースを3枚重ねたような外付ROMが必要だったことやらをとても懐かしく思い出しました。
あのスタンドアローンなある意味での軽やかさというのも、またいいのかもしれないなぁ…。
#尤も、それをプリントアウトして何かする…ということ自体なくなってしまいましたが…。

特集とは別の“わたしにとっての定番品”も素敵でした。
日々新しいものが出てくる世の中だけれど、自分にとってたいせつなものを、たいせつにつかうこと。
そういうシンプルだけれど、たいせつなことをゆるゆると考えることのできる記事になっていました。

Vol.2は“デジカメじゃないカメラ”と“農業”が特集予定。…間違いなく買いますとも。
#Vol.2もVol.1のような、読んでいていとおしくなるような雑誌であることを切に祈る…!

[関連]
 ・Re:S (公式)
 ・Park editing

以下、すいとうに入れるお茶の中身についての雑記。
今年の夏は8236 シークワーサー烏龍(関連エントリ)、8235 完熟マンゴー烏龍(関連エントリ)、8231 白桃烏龍 極品(以上ルピシア)、マンゴー&ピーチ(関連エントリ)、ネクタリンティ(以上シルバーポット)の5つを基本ローテーションにしてました。
2ヶ月で見事にトータル300gを消費です(笑顔)
#……しかも前の3つは3煎は出してたのにな……。

その中+αでわかったこと。
・すいとうの中に氷を一緒に入れっぱなしにしておくとクリームダウンを起こす。
 (矢張、徐々に氷の周りが冷えるのがよくないらしい。なので、紅茶の場合は専ら水出し)
・よって、タンニンの多いお茶は変質しやすいと考えられるため、すいとうには向かない。
・真空状態で同じ温度で保たれているためか、ホットでは発酵度の低いお茶は変質してしまう。
 (ファーストや青茶はかなり悲惨なことになる。セイロンも微妙。キームンは割と大丈夫。)
・温かいお茶にこだわるならば、焙じ茶が変質しにくくていい感じ。
 (ただし、7441 加賀 棒茶(ルピシア・関連エントリ)は微妙だった…)

…というわけで、秋冬に向けて私はンまい焙じ茶を求める旅に出てみようかと思います(…えー…)
Re:Sに載ってた一保堂茶舗の焙じ茶と健一自然農園の焙じ茶、烏龍茶(半発酵茶は買わないんじゃなかったのか!)が気になるなぁ…。
#セカンドはどうした!と訊かないでください…(まだ開けてないのががっさり…)
Book/Music/Movie - comments(0) - trackbacks(0)
・ スポンサーサイト
- - - - -
コメント
コメントする
 



この記事のトラックバックURL
http://halcionbird.jugem.cc/trackback/1248
トラックバック
NOW READING
MY KOTONOHA
mini BBS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

TB People
PROFILE



webring日々是系
| Home|
random| list