写真、萌、茶、読書。わんこと暮らしたしあわせな日々。雑多極まりない雑食系Weblog。
2017 06 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
・ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
・ サングマ農園 (Mascatel) DJ-165 (シルバーポット)
もう暖房を稼動せねばぶるぶるする夜長、今頃夏のお茶を啜っています…。
(勿論ミルクティもがぶがぶ飲んでいるわけですが…)
-

サングマ茶園 DJ165 Sungma SFTGFOP1(MUSCATEL) DJ165 (シルバーポット)
 1,800円 / 50g

サングマ農園 (Mascatel) DJ-165 (シルバーポット)
キャッスルトン茶園の重厚なマスカテールとはまた違って、清清しさを伴う、スマートなフルーティーさ。夏摘みらしい、ハリ、爽快な渋み、コクと相まって、「元気の良さ」、「夏の太陽の朗らかさ」を感じますね。
前半で感じる青さが比較的強い。序盤は繊細でありつつも、中盤に向けてゆっくりとクレシェンドし、味わいの厚みの部分もフルーティで透明感がある。その後はmfのまま安定。余韻にはほうじ茶のような落ち着いたヴェールを一枚かけたような、穏やかな甘みがある。全体を通じてそつがなく聡明な印象。

9点 / 10点
-

テイスティングカップで3gを2分30秒熱湯抽出。
3分でも淹れてみましたが、個人的な好みは2分30秒。
重さやパンチの強さはないけれど、飲み口がよく、物足りなさもないです。
重めのダージリンがすき!という方は3分がいいかな。

やたらと中の人が“元気のよさ”だの“ハリがある”だの仰言るもので、私のティスティングノートには、“…元気でハリ…???”“元気でハリ…????”とあちこちに書いてあります…(苦笑)
“元気でハリ”がある感じというと、どちらかというと軽めのニルギリに使うような表現のような気がするんですよね…それが拭えず…。

ただ、サングマ ChinaMusk DJ-131(リーフル・後日エントリ予定)と並べてテイスティングしてみると、鮮やかさや、ぱっとしたフルーティさという意味では確かに“元気でハリ”があるかな、と思います。
元気…というよりは、そつがなく聡明、程よく力を抜くことも知っているような、そんな感じがしました。

タイトにおいしさがぎゅぎゅーっと凝縮されているお茶って、どうしても飲むときに構えてしまって、“いつでも飲みたい”という感じにならないのですが、程よい力の抜け加減が、今年買った夏摘みの中では“毎日飲んでもヘヴィじゃないお茶”かな、と。

9点はお値段込み。2000円超だったらもう少し考えてしまうところですが…。
何よりも中盤以降の透明感と、ほんのり一枚ヴェールを纏ったように、喉の奥から穏やかに戻るように広がるマスカテルフレイヴァーがいいな、と。
夏摘みは重くて苦手、というかつての私のようなタイプの方に2分30秒で入れたものをおすすめしたい感じです。
#いや…今でも重たいセカンドは苦手なんですけどね…。
Tea - comments(2) - trackbacks(1)
・ スポンサーサイト
- - - - -
コメント
この紅茶は、私も今年の飲んだものの中では高評価のロットです。
2分30秒とは随分と短く抽出されているところから、重たいのは苦手なのだな…と感じます。4分30秒だとなかなかにフルボディ気味です><

“元気でハリ”という表現は私にもちょっとわからないですorz 仰るとおり、比較的安いのもポイントですね。

トラバもらっていきます^^
2006,10,25 Wednesday 20:23 - TeaM
TeaMさん、コメント and トラバありがとうございます!

>2分30秒
シルバーポットのおすすめが3g(200cc)2分30秒〜3分だったので、とりあえずその通りで淹れてみました :)
3分ではボディがちょっと重たくて、毎日飲むにはガッツが要るなぁ…と…。
#夏摘みそのものにはまだ苦手意識が強くて…。

>元気でハリ
…よかった、わからなかったの私だけじゃなくて…(笑)

毎日がぶがぶ飲める、というお値段ではないですが、トンデモなお値段ではないのもポイント高いですよね :)
2006,10,27 Friday 00:53 - ヒカル
コメントする
 



この記事のトラックバックURL
http://halcionbird.jugem.cc/trackback/1260
トラックバック
ダージリンセカンドフラッシュサングマ茶園 DJ-165(シルバーポ...
今年のセカンドフラッシュレビュー第2弾は、シルバーポットより、サングマ茶園です。「キャッスルトン茶園の重厚なマスカテールとはまた違って、清清しさを伴う、スマートなフルーティーさ。」という文言に見事に引っかかってポチッと押してしまいました(笑↑数日後、
2006,10,25 Wednesday 20:24 - ダージリンセカンドフラッシュサングマ茶園 DJ-165(シルバーポ...
NOW READING
MY KOTONOHA
mini BBS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

TB People
PROFILE