写真、萌、茶、読書。わんこと暮らしたしあわせな日々。雑多極まりない雑食系Weblog。
2017 10 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
・ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
・ 花の下を疾る
 
今日はちょっぴり小高い丘の上に行ってまいりました。
いつも歩いてる小学校も見下ろせるところです。かなり勾配きついんだけどね〜。(観光地とは思えない不親切さ(…))でも、育てている最中と思われる可愛いサイズの枝垂櫻がいっぱいあって、花も見頃でした。八重桜も咲いてたかな。
小学校もその裏山の櫻も綺麗に見えました♪

わんこと櫻を一緒に撮りたいが、だっこは出来ない…と思っていたら、丁度いい感じの高さに枝垂れている櫻発見。しかし、何故か外では絶対座らないわんこ。どうしたものか…と思いつつ、ぽこぽこ歩かせてフォトジェニック…!!…と思ったのだけれど、苦しかったもよーです…(しょんぼり)

でもわんこは今日も元気に闊歩します。ぽくぽく。
---

BTY.
久しぶりに有栖川有栖『朱色の研究』(角川文庫)を読んでいたら興味深い文章を見つけたので引用。

観光名所の景色には、万人に訴求するエネルギーが必要になる。(中略)名所見物というのは、あてがわれた美を喜ぶだけの貧しいもんでもない。エネルギーのある風景をみんなでおだてて寿ぐ、という行為を楽しむものなんやから。


“エネルギーのある風景をおだてて寿ぐ”という発想はとてもいいなぁ、と思います。この季節にしか見られないものを大いにおだてて、そのエネルギィを大いに寿いで、来年もまた綺麗に咲くといいなぁと願う。当たり前なのだけれど、自然を愛でる、ってそういうことかなぁ、と思ったりします。
きょうのさくら - comments(0) - trackbacks(0)
・ スポンサーサイト
- - - - -
コメント
コメントする
 



この記事のトラックバックURL
http://halcionbird.jugem.cc/trackback/59
トラックバック
NOW READING
MY KOTONOHA
mini BBS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

TB People
PROFILE