写真、萌、茶、読書。わんこと暮らしたしあわせな日々。雑多極まりない雑食系Weblog。
2017 12 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
・ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
・ だいおうじょう
ひとあし、おさきに まいります。
みなさま、どうぞ おげんきで。
あと、ヒカル(家来)のことを よろしくたのみます。 (ソック)


8月14日、午前9時24分。
ソックさん、19歳3ヶ月と9日。
父、母、私の一家全員に看取られての大往生でした。

身体をお清めして、火葬のお願いも終え、これ以上決心が揺らがないうちにエントリしています。
今日は、ソックさんのそばで最後の1日を過ごします。

ありがとうありがとう。大好きだった。
ありがとうありがとう。しあわせだった。
ありがとうありがとう。
ありがとうありがとう。
いつかまた、きっと。

そして、今日までソックさんを愛してくださったみなさまにも精一杯の感謝を。
本当にありがとうございました。

#しばらくWeblogのエントリがなくなるかもしれません。
#でも、やめるつもりはないので、少し、時間をください (鳥維ヒカル)
きょうのわんこ - comments(11) - trackbacks(0)
・ スポンサーサイト
- - - - -
コメント
ヒカルさん、おはようございます。
毎日、ソックさんの日記読ませて頂いてました。
私は悲しくてたまりません。ご冥福お祈りいたします。
これだけ、長い間家族の皆さんに可愛がられたのですから、
これからもきっと、ソックさんは天国から家族の皆さんの事を見守っていると思います。
ソックさんも大切な家族の一員ですから。
たくさんの楽しい思い出もあると思います。
大好きだったソックさんなので、ソックさんもヒカルさんや家族の事を思いながら天国へ行かれたと思います。
2005,08,14 Sunday 11:27 - t★day
ヒカルさん、おはようございます。
毎日、ソックさんの日記読ませて頂いてました。
私は悲しくてたまりません。ご冥福お祈りいたします。
これだけ、長い間家族の皆さんに可愛がられたのですから、
これからもきっと、ソックさんは天国から家族の皆さんの事を見守っていると思います。
ソックさんも大切な家族の一員ですから。
たくさんの楽しい思い出もあると思います。
大好きだったソックさんなので、ソックさんもヒカルさんや家族の事を思いながら天国へ行かれたと思います。
2005,08,14 Sunday 12:14 - t★day
ヒカルさん、こんにちは。初めまして。
コメントするのは初めてですが、いつもブログを拝見していた者です。
ソックさんに対するヒカルさんの暖かな愛情溢れる日記を、
いつも楽しみにしていました。心より、ご冥福をお祈り致します。

ヒカルさんがソックさんに感謝しておられるように、
ソックさんもまた、ヒカルさんとご家族の方に感謝しながら
旅立っていったことと思います。
きっとこれからは、綺麗な朝日や澄んだ空、夕陽や萌える木々、
ヒカルさんが写真に収められる全ての景色に姿を変えて、
会いにきてくれることと思います。

ヒカルさんもご家族の皆様も、さぞやお力をお落としのことと思いますが、
どうかゆっくり休まれて、 お体を大事になさってくださいね。
2005,08,14 Sunday 16:50 - ぷるこ
ヒカルさん、こんにちわ。
毎日ソックさんの素敵なお写真とかわいい日記ありがとう。
ソックさんも、見ず知らずの私にあったかい気持ちをくれて、どうもありがとう。
お盆で旅行から帰ってすぐにここを見て、
悲しいお知らせを聞いて、思わずぽろぽろと涙を流してしまいました。
ソックさんが天国で元気に走り回ったり、
たくさん食べてたくさん眠って、幸せに暮らしていかれるよう
心からご冥福お祈りします。
2005,08,14 Sunday 17:20 - えじお
突然の訃報に驚きました。

ほんの数日前までお散歩もお食事も滞りなく、
静香ちゃんよりふたつも年長なのに
大変なご健勝ぶりだと感心しておりましたのに。
ソックさんのお加減がお悪いとは聞いていましたが、
たった二日病みついただけでこんなことになってしまうとは
思いもよらないことでした。

ソックさんを知ってまだ一月も経たないうちに
お別れとは、悲しいことです。
素朴なまなざしと眉間のシワが好きでした。
まして19年もお世話してきたヒカルさんとご家族は
どれほどお気落ちのことでしょう。
でも、平均を遙かに超える長生きをされて、
家族に大事にされて、亡くなる直前まで
自力で歩けて健康だったソックさんは
うらやましいほど幸せなご生涯だったと思います。

最後の区切りのお弔いを、どうぞご存分に。
できましたらソックさんの写真をまた掲載してください。
お元気な頃のものでも。
2005,08,14 Sunday 20:22 - puni-puni
ソックさんのご冥福をお祈りいたします。

ご家族の皆様に見守られて、
ソックさんは虹の橋へ向かわれたのでしょう。

毎日の何気ないソックさんのお顔が思い出されます。
暑い日のお別れとなりましたね。

ソックさんのカレンダー、今年のも来年のも、
大事にします。

ソックさん、ありがとうございました。
あなたの穏やかなお姿は、私の癒しでもありました。
ゆっくりとお休みください。

2005,08,15 Monday 00:15 - haltaro
病院から退院してきて、blogをのぞいたら、ソックさんの訃報にショックです
私は、わんこが飼えないので、自分のわんこちゃんの様に、毎日見ておりましたので…
ソックさんとお別れは、非常にさみしいですが、そのぶんまでヒカルさんも生きてください
私も頑張ります
であであ
2005,08,15 Monday 12:53 - nmk
ヒカルさん、こんにちは。
始めまして。

いつもヒカルさんとソックさんの心温まる日記を
楽しく拝見させて頂いておりました。

お盆で実家から今日戻ってきたところ、ソックさんの訃報に
愕然としました。ショックです。

でも、これほどのヒカルさん、ご家族の愛情を受けて、ソックさんは
本当に幸せだったでしょう。

私もヒカルさんの日記とソックさんの写真に、本当にやさしい気持ちに
させて頂きました。とても感謝しています。


ソックさんが天国で元気に過ごされていることを願います。
2005,08,18 Thursday 10:48 - ogre
t★dayさん、ぷるこさん、えじおさん、puni-puniさん、haltaroさん、nmkさん、ogreさん、あたたかいコメント、本当にありがとうございます。
何度も何度もコメントを読み返させていただいては、涙を流しておりました。
こんな風に悲しみを共感していただいたことに、心から感謝しております。
ソックさんもこんな風にみなさまに愛していただけて、なんてしあわせな犬生だったんだろう…と思ってはまた涙でした。ありがとうございます。

■ t★dayさん
ご無沙汰しております(ぺこり)
亡くなったばかりのときは、19年一緒に暮らしてきた、楽しかったことやしあわせだったことよりも、今、ここにソックさんがいないことが悲しくてたまらなかったのですが、ようやく少しずつ、19年も一緒に暮らせたことはなんてしあわせだったんだろう…と思えるようになってきました :)
ソックさんも、常春の地で今頃、若い頃のように走り回っていると思います :)
本当に本当に、ありがとうございました!

■ ぷるこさん
はじめまして!本当にあたたかいコメント、ありがとうございました!
ソックさんが亡くなったばかりのときは、カメラを持つのも本当につらくて、これから、どんな被写体を見ても心が動かないのではないだろうか…と思ったりもしたのですが、ぷるこさんのコメントを拝読させていただいて、涙が止まらなくなるのと同時に、これからも美しいものや、“あっ”と思ったものをカメラを通して収め続けていこう、と思うことができました。
その“あっ”と思った瞬間にソックさんがひょっこり会いに来てくれることを祈って…。
もう、ソックさんとの日々をつづることはできませんが、また遊びに来ていただけたらとてもしあわせです。これからもどうぞよろしくおねがいいたします(ぺこり)


(文字数制限にかかってしまいそうなので、次のコメントに続きます)
2005,08,21 Sunday 00:00 - ヒカル
■ えじおさん
初めは“姉バカ”で始めた“きょうのわんこ”でしたが、こんな風にソックさんをたくさんの方に愛していただけて、こんな風に一緒に悲しんでいただけて、ソックさんは本当にしあわせだったなぁ…と思っております。
私自身も、お世話に疲れたときも“どんな風にエントリしようかなぁ…”と考えることで、やさしい気持ちを見失うことなく、最後までソックさんに寄り添うことができました。
私もソックさんも、本当に見てくださるみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

ロビンくんの毎日の記録、楽しみに拝見させていただいております :)
私自身、まだすべての“きょうのわんこ”エントリを遡ることはつらくてできずにいるのですが、いつか、笑顔で、こんなことあったなぁ…と遡れる日が来るといいな、と思っています :)

■ puni-puniさん
本当に、“ぴんぴんころり”な大往生でございました…。
正直、寝たきりを覚悟していただけに、家族のショックも大きかったのですが、家族の揃っているときに、そして、両親そろってその後2日休みのときに…。本当に最後まで家族想いの素晴らしいわんこでした :)

お別れは本当につらかったですし、今もふとした瞬間に涙が出てしまうのですけれど、きっと若い頃のように思いっきり走り回り、おかあさんわんこや兄弟たちとじゃれあっているのかなぁ…と思うと、若かった頃のやんちゃっぷりを思い出して、ほんの少し、うふふ…と思っています。

静香ちゃん、食欲が復活されたとのことで、とても喜ばしいですね :D
老犬にはまだまだつらい暑い季節が続いておりますが、静香ちゃんもpuni-puniさんも、どうぞお身体ご自愛くださいませ…。

(文字数制限にかかってしまいそうなので、次のコメントに続きます)
2005,08,21 Sunday 00:35 - ヒカル
■ haltaroさん
本当に、暑い日のお別れでした…。
ソックさんが亡くなる前後の数日間、とても不安定なお天気が続いていたのですが、お別れの日と、お空に帰っていく時だけは、青空を見ることができました。

ソックさんはお母さんわんこが大好きだったので、今頃はきっと、虹の橋でお母さんに今までのことを話しているかもしれません :)

カレンダー、もう少ししたら、一番かわゆい写真を選んで換えようかなぁ…と思っています。ソックさんが生まれた日を、来年もカレンダーで思い返していただけるなんて、本当に本当にうれしいです。ありがとうございます(ぺこり)

■ nmkさん
ご無沙汰しております(ぺこり)
入院されてらっしゃったのですか…!お加減、大丈夫でしょうか?
ソックさんが亡くなったばかりのときは、以前の抑鬱状態よりはっきりと“…明らかに鬱だなぁ…”と思う日が続いていたのですが、少しずつ思い出の引き出しから、19年の楽しかった思い出やしあわせな思い出が出てくるように、落ち着いてきました :)
まだまだ寂しいけれど、少しずつ、元気になっていこうと思います。
nmkさんも、お身体、お大事になさってくださいね!

■ ogreさん
はじめまして!
今まで、ソックさんの毎日を見ていただいて本当にありがとうございました。
姉バカ炸裂で続けてきたエントリを、楽しみにしていただけていたというのは、本当に本当にうれしい限りです(ぺこり)

19年も一緒に暮らすことができて、私も、家族も、本当に本当にしあわせでした。ソックさんも、しあわせだったなぁ…と感じてくれていたら…と願っています。

若い頃は“あばれんぼう”だったソックさんのことですから、きっと今頃は天国で走り回っていると思います :)

もう、ソックさんとの毎日をつづることはできなくなってしまいましたが、よろしかったらまた遊びに来てやってくださいませ(ぺこり)
2005,08,21 Sunday 00:47 - ヒカル
コメントする
 



この記事のトラックバックURL
http://halcionbird.jugem.cc/trackback/984
トラックバック
NOW READING
MY KOTONOHA
mini BBS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

TB People
PROFILE